回想もとい改装記

只今の改装は玄関側の造作に入っています。

カメラロール-1468

色々な場所をやるにつれて、できるだけあるものを生かすような作り方になってきました。
上の写真は最初に家を解体したときに出てきて、土の中に半分埋まっていた御影石。

買ってきた石はシャキーンと綺麗に加工されていて扱いはいいのですが、
なんともいえないアジがあります。

カメラロール-1471
裏はこんなにもガタガタ。

カメラロール-1470
この石を玄関扉の下付近に据えていきます。

トンと置いただけでは水平にならないので、
(石も床もかたかた)パサと呼ばれる、
砂とセメント+ちょっとの水を混ぜたもので高さ、位置を調整していきます。

カメラロール-1472
よく木の棒などでよくついて山の上に固定します。
だいたい一晩おけばかたまります。
セメントがない時代は漆喰などでこの作業をしていたようです。

カメラロール-1485

土台ができたら、下地を造ります。
なんとか形にはなった。

左側の譲ってもらって修復した古建具の窓も、なんだか昔の小学校みたいでいい感じです。
というわけでただいま我が家は2重の入り口となっております(前面のサッシと)。

 

0 comments on “回想もとい改装記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA