サンダルの会

R1062001

6月・7月と行われました【サンダルの会】

 

カネハチさんにお越しいただき、計10名様のサンダルを製作して頂きました。

お忙しいなか、京都まで来て頂き、誠にありがとうございました!

 

サンダルの会では、ソールの型や皮のお色だけではなく、

足の裏と接する木の部分を、お客様の形に合わせて掘り

足の裏ピッタリの形となります。

R1061645

事前に取らせて頂いた足型を元に製作された荒取りを

今度はお客様の目の前で、足の裏の形に合わせて加工していきます。

R1061656

足の形にあわせて掘るというのはとても高い技術が必要になります。

それをカネハチさんはお客様の目の前で実演します。

あれよあれよといううちに形ができあがっていきます。

この様子をみるのも楽しい時間となります。

 

こうやってサンダルの写真を眺めると、

それぞれのお客様の笑顔が浮かんでくるようです。

そんな思いのつまったひとつひとつ。

どうぞご高覧くださいませ。

 

※材木や皮の在庫などの理由で、今回製作させて頂いたものと同様のものが
今後できない場合もございます。一期一会。お客様にあわせてつくる一つだけのサンダルとして
そのあたりの事情もどうぞお楽しみ下さいませ。

 

T様  
type B  ウォルナット(この後、オイルフィニッシュ)
アンクルストラップ

typeBの美しいフォルムとシックなカラーの皮と樹種。上品な仕上がりです。

R1061978

R1062004

 

K 様  
type B  山桃

山桃の上質な木肌色と、ヒールの部分の美しいライン。
シルバーのお色と皮の形状がさらにそのエレガントさを引き立てます。

R1062010

R1061733 R1061730

 

K 様  
type P  ウォルナット

両足の皮の色を交互に。丸っこいラインは使いやすさも兼ね備えます。

R1061725

R1061721

 

U 様  
type Q  パープルハート

同じく両足の皮の色を交互に。男性的なライン取りとパープルハートの重厚感が唯一無二です。

R1061748

R1061739

 

T 様  
type A  鬼胡桃

鬼胡桃の優しい木目と肌さわり。足を覆う皮の部分は履き心地も高めてくれます。
アクセントとして皮に切り込みをいれました。

R1061751

R1061753


Y 様  

type P  鬼胡桃

鬼胡桃の優しさと、シンプルな白い皮のお色。
お客様のライフスタイルやお好みに近づくことができたようです。

R1061763

R1061820


T 様  

type A  マホガニー

高級感溢れるマホガニーと濃いグリーンの皮がマッチしております。
ソール部分に穴を開け、皮紐を使ったアクセントを施しました。

R1062113

R1062106

 

I 様  
type P  杉

杉の独特のテクスチャーと柔らかい履き心地。
時間が経つにつれ味わい深くなる木のお色と明るい赤色がピッタリです。

R1062126

R1062120


K 様  

type A  鬼胡桃

大胆なカラーのチョイスと、オプションの蝶々。

そして柔らかなクルミの肌感。全体としてもいいバランスに仕上がりました。

R1062154

R1062152

 

O 様  
type B  栃(トチ)

同じ栃でも貴重とされている杢目が美しく出ている作品。

栃の色目の美しさと

R1062183

R1062173

 

たま茶

 

 

 

0 comments on “サンダルの会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA