防空壕部屋つくり1

解体していたときに出てきた防空壕

どう使うか色々考えたり、はたしてそのまま使えるのか・・・。

幸いなことに、漏水もほとんどなく、問題となるのは温度差による結露でした。

ゼネコンの人や色々な人に相談した結果、レンガ+モルタルで出来たもともとの空間の

内側にもうひとつ壁を作ってあげることにしました。

本格的な工事となると、防水処理やコンクリート造の壁など

DIYレベルでは難しいしコストもかかる。

そこで考えたのはブロックで基礎を立ち上げて、壁面は無垢木で造作。

そして、床面は土間の増打ち。

完璧ではないけれど、様子を見ながらメンテナンスが出来るように作ります。

ちょこちょこ手を入れながらやっていくつもりです。

 

R0016517_R

まずは、基礎部分の立ち上げブロック積。ここを参考にしました。

1.まずは、既存の床面のレベルをみる。

2.だいたいのブロックを置く位置(完成の壁面)をチョークなどでひく。

3.ブロックを仮置きして、アンカーを入れる穴の位置にスプレーで印をひく。

(アンカーは既存の床面に打つ鉄筋の杭のようなものです。新しく置くブロックと

床を丈夫にくっつける役割を果たします。)

R0016526_R

4.ブロックをはずして、アンカーを打ちます(↑)。差筋アンカーといって、下穴をあけて棒を差し込んで、頭を金づちでたたくと、打ちこまれた先の部分がパカッと開いて抜けなくなる優れもの。

~これで下準備完了~

5.ブロックを積んでいきます。ポイントは床のレベル(高さ)が高いところから置いていきます。低いところはモルタルを余分に積んで、うまいこと水平になるように積んでいきます。

R0016521_R

R0016521_R

6.モルタルを練りつつやるのでかなりの重労働。

水平器やら棒を駆使して全体が水平になるようにします。

R0016536_R

ここまで来るとブロック積みに慣れてきた。

モルタルの堅さ(モルタル=砂+セメントと水の割合)もなんとなく勘で分かるようになってきた。

このあと、養生した後、囲われたところにコンクリートを打ちます。

へ続く・・・。

 

1 comment on “防空壕部屋つくり1

  1. すごいね!素人なのに!様々な人たちの知恵と力と支えてくれる奥さんと本人の日々の努力で、だんだんとカフェオープンに、近づいていく様子がよく分かります。これからの作業もじっくり、ゆっくり、マイペースに楽しみながら進めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA