穴のあいたのき

R0017442_R

前回、お届けした木の節のお話の中で、出てきた穴を開けた板ですが、

あれは、屋根の軒先につけることにしました。

カメラロール-133

さてさてなんでこんな穴を開けるのでしょう。

その答えは、家のを作ることに関係しています。

最近良く使われているやりかたに、「外壁通気工法」というのがあります。

これは、簡単に言うと壁の下に、空気の通る道をつくってやって、

万が一壁の中に湿気が入った時に、うまく外に逃がしてくれるようにするためにします。

カメラロール-117

壁はまず、透湿防水シートをはって、

縦向きに胴縁(どうぶち)と呼ばれる木を取り付けます。

カメラロール-120

次に横向きに壁の下地、ざら板をはります。

こうすることで、胴縁の厚み部分に空気の通り道ができます。

この通り道の最後の部分は軒先になるので、

普通は、専用の通気金具なんかをつけるらしいのだけれど、

穴をあけて裏側に網戸のネットを貼って、通気孔にしてみました。

お次はサッシの取り付けです。 つづく

 

最後になりますが、

本日は、雨の中「ものづくりARTtown」にお越し頂きありがとうございました!!

 

0 comments on “穴のあいたのき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA