ハーブティーとカラダの関係

 

ハーブティーは飲んでから3~4時間かけて体をめぐり、カラダの自然なシステムを通して、汗や排泄で体外へむかいます。

ほどよく間隔をあけて飲むことでハーブの栄養が体内をめぐり、内から細胞に働きかけてくれます。一気に飲むというより、水分補給と同じように喉が乾いたら少しずつ飲む、という感じが良いかもしれません。

体質改善をめざすなら、水分と同じようにしっかり飲むのがおすすめ。1日3杯ほどが目安の量ですが、まずは1日1杯からはじめてみませんか?

ハーブは漢方と同じようにすぐに体調を改善できるわけではありません。からだの細胞代謝サイクル3~4ヶ月にあわせて、水分を通してゆっくりと穏やかに栄養がめぐっていきます。

日常生活に無理ないように続けることが一番ですので、それぞれの機能より、味のお好みを大切にすることをおすすめしております(店頭では試飲(無料)を行っておりますので、お時間の許す限りお楽しみください)。

ゆっくりと穏やかにハーブとの生活を楽しんでみて下さい。

0 comments on “ハーブティーとカラダの関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA